データ復旧は特急データ復旧ウィンゲット(WinGet)にお任せ!全国のオフィス・受付窓口で即診断!

  1. データ復旧のウィンゲット >
  2. 特急データ復旧 東京 >
  3. サーバー復旧 >
  4. 症例18 RAID5だったのに!リビルドしてしまったストレージサーバからデータ復旧に特急対応で成功!!

2013.12.5

スピード復旧成功しました★★★★★

成功事例18 RAID5だったのに!リビルドしてしまったストレージサーバからデータ復旧に特急対応で成功!!

新宿区法人様(IT派遣業)

機器/メーカー/型番/モデル/HDD構成
  • サーバ/富士通製
  • Fujitsu PRIMERGY RX300 S3
  • 2.0TB×6台構成(ホットスワップ2台有)
復旧成功までの時間
診断時間/復旧期間 45分 / 64時間

お客様からの症状

エンドユーザ様から、今朝にストレージにアクセスできないという問い合わせがあり、至急サーバルームに飛んで行った。実物を確認してみると、HDD1にエラーランプが表示されており、ストレージサーバにアクセスできない状態となっていた。

RAID5ならば、HDD1台の故障でも問題なく動作するはずであるし、またホットスワップを設定していた。しかし全くストレージサーバがマウントできない。

このストレージには、エンド様の直近数年の会計データや顧客データが保存されていて、数日間の停止と考えても甚大な被害が想定される。

急ぎ、特急対応可能ということで、リプラス新宿オフィスへ依頼することになった。

診断内容

ホットスワップを含めたHDD6台の診断を行いました。HDD1台目は、ヘッド異常が発生しており分解が必要な状態でした。HDD2から4台目については、物理的な故障が発見されませんでしたが、HDD1台目の故障の影響か、RAID崩壊によるリビルドが発生ししている状態でした。また、ホットスワップの設定がなされていたHDD2代ともデータがまったく保存されていない状態でした。

この状態からは、HDD2から4台目を用いて時間を要して解析作業を行い、仮想のRAID構築が必要であると判断しました。
このケースでは、弊社の診断結果では「軽度物理障害」となります。

復旧結果

HDD2からHDD4台の手作業でのRAID解析作業を実施し、正しいパリティ情報を特定し、仮想のRAID5に成功しました。仮想RAID構築後のデータを拝見するとフォルダ構造が壊れてるように見えました。そこで、仮想RAID後のHDDの総スキャンを実施し、お客様ご所望であったフォルダ構造を確認でき、90%以上の復旧に成功したと判断しました。

専門スタッフの対応・コメント

ご依頼主のお客様と、エンドユーザ様にも同席いただき、弊社オフィスにてデータ確認をいただきました。
そこでエンド様も「問題ない」ということで、ご依頼主のお客様も満足されたご様子でした。

また今回のお客様は「最重要機密である顧客情報を保持しているデータ」ということで、情報漏洩を大変気にされていたお客さまでした。弊社ではプライバシーマークを取得しており、「お客様からお伺いするお話の内容」や「HDD内のデータ」を一切、口外することはございません。ご安心くださいませ。

<新宿オフィス担当:荻原>

>>

東京のお客様まずはお電話ください。相談・初期診断無料

まずはお電話ください。相談・初期診断無料

サーバー復旧TOP

 

お客様まずはお電話ください。相談・初期診断無料

相談・初期診断無料

特急データ復旧ウィンゲット(WinGet)TOP

ウィンゲットにお気軽にご質問・お申し込みください! 秋葉原

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼

内容

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください

※1:即日返却等、通常返送以外の送料は、実費ご負担頂きますので、ご了承ください。

※2:RAID、特殊フォーマットなどの場合、別途追加費用が発生する場合がございます。

特急データ復旧ウィンゲット(WinGet)TOP